スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

注文方法解説

絶対に注文を成立させたい場合は「成行」注文

成行注文とは、価格に糸目をつけず「買いたい」もしくは「売りたい」という時に注文する方法です。

たとえば、価格が急激に上昇している勢いのある相場では、買いたい値段を指定して注文を出している間も価格が上昇し続け、結局買えなかったということも起こりえます。このような時に、とにかく買いたいという思いがあれば、成行き注文をすることで、確実に注文を成立させることができます。

ただし、価格を指定して注文をするわけではないので、自分の望む金額にはなりません。

価格を決めて注文をしたい場合は「指値」注文

買う価格、もしくは売る価格を決めている場合は「指値」で注文をします。

たとえば、1万5000円で買いたい場合は、1万5000円で指値買いといった具合で注文を出します。
価格を決めた計画性のある売買ではありますが、決めた価格まで値動きがなく、注文が成立しない可能性もあります。

取引時間中に常に値動きを見ることができないに場合は「逆指値」注文

価格が指定した金額まで下がれば「売り」、逆に指定した金額まで上がれば「買い」というようなことができます。
とくに取引時間中にパソコンで常に値動きを見ることができないサラリーマンや主婦にとってはすごく重宝する注文方法です。

たとえば、急激に上昇する可能性がある場合、「ある価格になれば買い」という注文を逆指値で行うことで、買い時を逃すことがなくなりますので、逆指値注文は確実に覚えておきたい注文方法です。

< 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ >