スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

売買価格の刻み幅(呼値)は5円単位

日経225miniは5円刻みの値段で売買をすることができますが、これを専門的な言葉に言い換えると、日経225miniの呼値(よびね)は5円となります。

5円刻みでの取引になりますので、5円とか10円、15円という値動きはありますが、1円や6円、13円といった、1円単位での値動きはありません。19,295円で買い、19,300円で売るというように、5円単位で取引をすることになります。

ちなみに、日経225miniの取引単位は、日経225miniの価格を100倍したものになりますので、5円の変化で500円(5円×100倍)の損益がでることになります。

例えば、19,295円で買い、19,300円で売った場合、5円×100倍の500円が利益になります。

呼値はティック(Tick)と呼ばれることもあり、日経225miniの場合、1ティックは5円になります。

< 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ >