スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

日経225miniの売り買いについて知ろう

投資といえば、株価が安い時に買い、高くなったら売るという「株価が上昇すると予測した時に取引を行う」のが一般的ですが、日経225miniは株価が下がると予測した時でも取引をして、利益を得ることができます。

例えば、株価が下がると予想し、予想通り株価が下がれば、利益を得ることができます。しかし予想とは違い、逆に株価が上がれば損失を出すことになります。反対に、株価が上がると予想し、予想通り株価が上がれば、利益を得ることができますし、予想とは違い、逆に株価が下がれば損失を出すことになります。

つまり、株価が上昇する場面や、株価が下落する場面のどちらの取引でも利益を得ることができるというわけです。

株価が上がると予想して取引を始める場合

日経平均株価が15,000円で、そろそろ株価が上がりそうだから買おう!

予想通りに株価が上がり、15,100円になったから売ろう!

差額の100円を100倍した10,000円の利益!

※逆に予想に反して、株価が下がり、14,980円になったら、差額の20円を100倍した2,000円の損失になります。

日経225miniを買うことを「買い建てる」と言い、買い建てて保有している状態をロング・ポジションと言います。

株価が下がると予測して取引を始める場合

日経平均株価が15,000円で、そろそろ株価が下がりそうだから売ろう!

予想通りに株価が下がり、14,900円になったから買い戻そう!

差額の100円を100倍した10,000円の利益!

※逆に予想に反して、株価が上がり、15,020円になったら、差額の20円を100倍した2,000円の損失になります。

日経225miniを売ることを「売り建てる」と言い、売り建てて保有している状態をショート・ポジションと言います。

日経225miniは岡三オンライン証券で

日経225miniの手数料が最安値の25円 - アクティブ先物取引

手数料25円で証拠金は通常の半分。管理人も利用しています。

公式サイトはこちら