スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

証券会社の証拠金比較

日経225miniの証拠金は各証券会社によって異なります。

証拠金は、大阪取引所が定めるSPAN証拠金に、各証券会社が掛目を乗じた金額になりますが、掛目の割合が低いほど少額の資金で投資ができるということになります。

ただし、証拠金は日経225miniで、損失が生じた場合でも決済ができるように預けておく、保証金のようなものです。

証拠金が安いからといって、最低限の資金で取引すると、リスクも大きくなりますので、注意が必要です。

日経225miniのSPAN証拠金は都度、見直しが行われていまが、相場の変動が大きい場合には、SPAN証拠金や掛目を臨時で見直すこともあります。

ネット証券各社のSPAN®証拠金掛け目を比較してみました。

掲載している価格は、2016年11月17日現在の、SPAN®証拠金掛け目です。

SBI証券
100%https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_op&cat1=op&cat2=info&dir=info&file=op_kakeme.html
松井証券
100%http://www.matsui.co.jp/service/fop/study/about/03_margin/
カブドットコム証券
100%http://kabu.com/item/fop/default.html
楽天証券
120%https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fop/futures/commission.html
ライブスター証券
120%http://www.live-sec.co.jp/225/margin/
岡三オンライン証券
120%http://www.okasan-online.co.jp/fop/margin.html
GMOクリック証券
150%https://www.click-sec.com/corp/guide/fuop/rule/kakeme.html