スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

証券会社の手数料比較

手数料から証券会社を選ぶ

日経225miniでは手数料に関して「片道」「往復」といった表現を使用します。

「注文」と「決済」のどちらか一方の手数料を「片道」といいますが、通常は注文をしたら決済をすることになりますので、 手数料は往復(片道の手数料×2)を考慮しなければなりません。

注文時と決済時に往復で手数料が発生することを考えると、手数料の安さは多くの人が注目していると思います。

取引手数料というものは、取引で勝とうが負けようが確実にコストとしてかかってきますし、1日に何度も取引をする場合などは、取引手数料が安いに越したことはありません。

最近では岡三オンライン証券や、松井証券から、1セッション限定のデイトレード向けの最安プランが登場していて、手数料が25円とかなり安くなっています。

他にも、証券会社内で受けた注文をマッチングして取引所に発注する、J-NETクロス取引というサービスがSBI証券にありますが、こちらも手数料が25円になっています。

主要なネット証券会社の手数料を調べてみましたので、証券会社選びにご活用ください。

ネット証券各社の手数料を比較してみました。

掲載している価格は、2016年11月15日現在の、1枚あたり片道の手数料(税抜)です。

ライブスター証券
35円公式サイト
カブドットコム証券
38円公式サイト
楽天証券
38円公式サイト
GMOクリック証券
39円公式サイト
岡三オンライン証券
40円公式サイト
松井証券
40円公式サイト
SBI証券
40円公式サイト
マネックス証券
50円公式サイト

1セッション限定のデイトレード向け取引があるネット証券の手数料

1枚あたり片道の手数料(税抜)です。

岡三オンライン証券
25円公式サイト
松井証券
25円公式サイト

注文をマッチングして発注するクロス取引があるネット証券の手数料

1枚あたり片道の手数料(税抜)です。

SBI証券
25円公式サイト

日経225miniは岡三オンライン証券で

日経225miniの手数料が最安値の25円 - アクティブ先物取引

手数料25円で証拠金は通常の半分。管理人も利用しています。

公式サイトはこちら