スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

初心者がハマりやすい失敗は?

初心者がハマりやすい日経225miniの失敗

これから日経225miniを始めようという方の多くは、少ない資金で大きな収益があげられる資金効率の良さなど、日経225miniの魅力ばかりに目が向いていると思います。

もちろん、これは悪いことではありません。しかし、そんな日経225miniで投資を行った結果、ほとんどが損失ばかりで、どうにも収益が出せないという方も多いのが現実です。

日経225miniは新聞やテレビで「本日の日経平均株価の値動きは小幅な値動きに終始しました」という日でも、やり方を間違えれば1日で5千円程度の損失は軽くでるものです。

たとえば今日は上昇するだろうと予測し、買いから取引に入ったものの20円の下落になったので損切りし、2千円の損失。今度は、このまま下落が続くだろうと予測し、売りから取引に入ったところ、意に反して今度は上昇。20円まで下げたところで損切りし、またも2千円の損失となり、1日で合計4千円の損失ということもあります。

市場の動きは、1日でも上昇や下落を繰り返しています。たとえ上昇基調にあっても、一時的に下落したり、逆に下落基調にあっても一時的に上昇することもあります。
日経225mini市場が上昇基調にあるにもかかわらず、一時的な下落時に下落基調に入ったと判断し、売りから取引に入る。あるいは下落基調にもかかわらず一時的な上昇時に上昇基調に入ったと思い、買いから取引に入ってしまうと損失ばかりで収益を出すことはできません。

また、そのうち市場の動きは変わるだろうという思いから、ポジションを翌日、翌々日と持ち越したものの、結局は損失を拡大させただけというケースも実に多いものです。

日経225mini投資では、翌日にポジションを持ち越すのは、大きなリスクを伴います。株価のギャップアップやギャップダウンによって、さらに損失を広げることも多々あるためです。

日経225mini投資で収益をあげられない方のほとんどは、目先の損失にばかり気を取られ、目の前にある収益を得られる機会を失ってしまったか、あるいはすでにある損失をなんとかして取り返したいと思い、大きな値動きを期待したものの結局、大きな損失を増やしてしまったというです。
それではせっかくの投資の意味がありません。

人間は儲けの喜びよりも損失の痛みを強く感じると言われます。稀にある大きな収益を狙うのではなく、日々、着実な収益を目指すというのは、投資では大事な視点です。