スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

証券会社選びのポイント

証券会社選びのポイント

証券会社に口座を開設すると言っても、どの証券会社で口座開設したら良いのか分からない方も多いでしょう。金融商品が身近になってきた昨今、証券会社の数もかなり増えていますから、迷ってしまうのも無理はありません。
そこで、初心者が口座を開設する上でのポイントについて取り上げてみたいと思います。

取引手数料が安い証券会社をチェック

 日経225miniの取引では、その日のうちに売買を完結するデイトレードを行う人が多いと言われていますが、デイトレードのように短期の取引を繰り返す場合、トレード回数がどうしても増えてしまいます。トレード回数が増えれば、当然、取引手数料も増えていきますので、取引手数料が少しでも安い証券会社で取引したほうが有利です。

特に小さな値動きで利益を得るような取引をしている方が利益を得ようとするとコストが少しでも安いほうが良いですよね。

そういうことを踏まえた場合に重要なのが手数料の安さで見た証券会社選びになります。

例えば、ライブスター証券では、日経225mini、1枚あたりの取引手数料は片道35円(税別)となっていて、更に口座開設後2ヶ月は取引手数料無料というキャンペーンもやっています。

また、最近では、デイトレード向けのサービスがあり、岡三オンライン証券の「アクティブ先物取引」と、松井証券の「一日先物取引」は片道25円(税別)と格安になっています。
寄り引けトレードを行う場合は、毎回、1セッションで取引が完了しますので、「アクティブ先物取引」などのデイトレード向けのサービスがおすすめです。

役立つ情報の提供や、売買執行の早さにも注目!

手数料以外にも注目すべき点があります。

例えば、証券会社の口座を開設していれば、無料で詳細な企業の分析ができるサービスを利用することができたり、リアルタイムの株価を知ることができるなど、証券会社それぞれに独自の強みがあります。
各証券会社で使えるサービスもいろいろとありますので、ご自身のトレード手法に合わせて最適なサービスを提供する証券会社を選ぶことも必要です。

また売買注文のスピードや、注文方法の種類にも違いがあります。それと、なにか問題が発生した時の対応も、万が一の時のために証券会社を選ぶ基準にしておいたほうが良いでしょう。

  1. 証券会社の手数料比較取引手数料というものは、確実にコストとしてかかってきますし、1日に何度も取引をする場合などは、取引手数料が安いに越したことはありません。主要なネット証券会社の手数料を調べてみましたので、証券会社選びにご活用ください。証券会社の手数料比較の詳細はこちら
  2. 証券会社の証拠金比較証拠金は大阪取引所が定めるSPAN証拠金に、各証券会社が掛目を乗じた金額になりますが、掛目の割合が低いほど少額の資金で投資ができるということになります。各証券会社の掛目の割合を調べてみましたので、証券会社選びにご活用ください。証券会社の証拠金比較の詳細はこちら
  3. 証券会社のトレードツール比較証券会社は、独自のトレード(取引)ツールを用意していて、初心者の方でも扱いやすいものから、上級者でも使える高機能なものまでいくつもの種類があります。各証券会社のトレードツールを調べてみましたので、証券会社選びにご活用ください。証券会社のトレードツール比較の詳細はこちら

TOP