スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

初心者のための日経225mini入門講座

投資は「難しい」「まとまったお金が必要」と思っている方!日経225miniを始めてみませんか?

株やFX、仮想通貨など投資の選択肢はいくつもありますが、効率よくシンプルに投資できるのは「日経225mini」です。

日経225miniは、5万円前後の資金から取引が可能で、日経平均株価の上げ下げを予想するだけのシンプルさから、サラリーマンやOL、主婦の参加者も多いのが特徴です。

ただし、少ない資金で大きな利益が見込める反面、元本割れのリスクがあることも理解しておく必要がありますし、リスクを正しく理解していないと証券会社で口座を開設することすらできません。

当サイトでは、日経225miniの仕組みやリスクについて、詳しく解説していきますので、ぜひご一読ください。

日経225miniってなに?

日経225miniとは、株価指数先物取引と呼ばれる金融商品で「日経225」という株価指数を「先物取引」という形で「売買」します。

1988年に大阪取引所で開発された「日経225先物」を、個人投資家でも少額の資金で売買しやすいようにミニサイズにしたのが日経225miniで、2006年からスタートしました。

日経225とは、日本を代表する225種の株式銘柄の平均値

日経225とは、日本を代表する225種の株式銘柄を平均した株価指数のことです。

この225種の株式銘柄は、大手企業が数多く上場している東京証券取引所第1部の中から日本経済新聞社が選出します。

この日本経済新聞社に選出された225種の銘柄を平均した値がテレビなどでよく耳にする日経平均株価です。

日経225miniのトリセツ

日経225は「技術」「金融」「消費」「素材」「資本財・その他」「運輸・公共」の6つの業種からバランスを考えられて構成されていますので、日本の産業や経済力を読み取ることができますし、年に1度は銘柄の見直しが行われる為、時代を反映した経済指数とも言われています。

先物取引とは将来のある時点で売買することを約束して行う取引

現時点での価格、売買する数量、期日を前もって取り決めておき、約束した期日になったら、約束した条件で売買契約を行う取引方法です。

例えば、現時点で1リットル100円のガソリンが、円安で原油が高騰してガソリンが1リットル200円に値上がりしそうだとしたらどう考えます?

今のうちに買えるだけ買っておきたいと考えますよね?

ただ、ガソリンの備蓄は消防法によって規定があり、消防署の許可が必要になります。それに危険で、長期保存には向かないので止めたほうがいいですよね。

では、ガソリンスタンドに先物取引があったら、どうでしょう?

1ヶ月後に1リットル100円で買うという約束を取り付けることができますので、たとえ1ヶ月後にガソリンが1リットル200円に値上がりしたとしても、先物取引で1リットル100円で買う約束を取り付けてありますから、1リットル100円で買うことができます。

意外とわかりやすいですよね。

価格が上昇すると予測する場合は安く買って高く売る!

日経225miniの価格が今後上昇すると予想した場合、現状の安い価格で買って、価格が上昇したときに売れば収益となります。これは簡単に想像がつきますよね?

例えば、1リットル100円でガソリンを買っておいて、1リットル200円になった時点で売ると100円の利益になります。

商品価格が上昇するだろうと予測する場合に用いられるのが「買い」という取引手法になります。

価格が下落すると予測する場合は高い時に売って、安い時に買い戻す!

もし、日経225miniの価格が今後下落すると予想した場合、高い価格で売り、価格が下落したときに買い戻すことで収益となります。
これだけではわかりにくいかと思いますので、取引イメージをご説明します。

例えば、1リットル200円でガソリンを売る約束をとりつけて、1リットル100円になった時点で仕入れると100円の利益になります。

商品価格が下落するだろうと予測する場合に用いられるのが「売り」という取引手法になります。

少ない資金で大きな取引ができる。

通常、100万円の取引には100万円の資金が必要ですが、日経225miniなら5万円の資金で取引が可能です。

通常であれば、100万円必要だったものが5万円で済むわけですから、100万円あれば2000万円の取引をすることだってできてしまいます。

この担保金を預けることで資金以上の取引ができるのは非常に効率の良い取引といえます。

ただし、少ない資金で大きな利益をだせる反面、大きな損失を生む可能性もあるため、損失を最小限に抑える努力も必要になります。

例えば、資金が5万円しかないのに100万円の取引をして、5万円の損失を出してしまったら、その時点で取引が継続できなくなります。いわゆる退場です。
もし資金を50万円用意していたら5万円を支払っても取引は継続できますので、損失を取り戻し、利益が出る可能性もあります。資金効率を上げることよりも余裕をもった資金で取引することが大切です。

ズバリ!日経225miniの魅力はわかりやすく、資金効率が良いこと!

日経225miniの魅力は日経平均株価が上がるか下がるかを予想するだけのわかりやすさ!

テレビなどでよく耳にする日経平均株価がこの先、上がるか下がるかを予測して投資するのが日経225miniといえます。

日経平均株価という株価指数に対して投資しているので、現物株のように銘柄を選んだり、FXのように通貨を選ぶ必要もありません。

つまり、日経平均株価が上がるか下がるかだけを予測し、少ない資金でも取引できるのが魅力といえます。

日経225miniはシンプル!

日経225miniについて さらに詳しく解説!

CHECK1
日経225miniってなんだ?日経225miniとは、株価指数先物取引と呼ばれる投資商品で、日経225という株価指数を先物取引という形で売買するものです。
CHECK2
日経225miniの魅力はこれだ!日経225mini先物取引の魅力は日経平均株価が上がるか下がるかを予想するだけのわかりやすさ!先物初心者にもおすすめです。
CHECK3
日経225miniのリスクを知ろう!日経225miniは、いつでも利益を上げることができる反面、損失を抱える可能性もあります。必ずルールを決めて、取引しましょう。
CHECK4
日経225miniの税金はどうなるの?1年間の取引で利益になった場合は、申告分離課税により課税されます。所得税15%と個人住民税5%の合計20%の税金がかかります。
CHECK5
日経225miniはいくらから投資できる?日経225miniを取引するのに必要な最低金額は60,000円(2017年10月19日現在)ですが、経済情勢に合わせて金額が変わります。
CHECK6
日経225miniの取引時間は?日経225miniの取引時間は、日中立会(8:45~15:15)とナイトセッション(16:30~5:30)となっていて、長い時間取引ができます。
CHECK7
日経225miniに向いている人とは?その時々に応じて、臨機応変に短期取引をしたいという方や、小額の資金で効率よく日本経済に投資してみたい人に、向いています。
CHECK8
日経225miniとFX、株の違いを比較日経225miniと株・FXの大きな違いは、決済期限の有無や、証拠金取引、下落相場でも利益を得ることができることなどがあります。

日経225miniの初心者向けコンテンツ

日経225miniは岡三オンライン証券で

日経225miniの手数料が最安値の25円 - アクティブ先物取引

手数料25円で証拠金は通常の半分。管理人も利用しています。

公式サイトはこちら