スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

日経225miniの限月とは?

日経225miniには取引期限があります。
簡単にいえば定期預金の満期みたいなもので、満期の決済月を、限月(げんげつ)と呼びます。

日経225miniの限月は1月から12月まで毎月あり、SQ(Special Quotation=特別清算指数)とも言われますが、その中でも日経225の限月である3月、6月、9月、12月と重なる月は、メジャーSQと呼ばれています。 

各限月の満期日は限月の第2金曜日で、最終売買日は満期日の前日、つまり第2木曜日となります。
もし、第2金曜日が休日の場合、木曜日が満期日となり、最終売買日は満期日の前日である第2水曜日となることも覚えておきましょう。

日経225miniは満期日までに決済するか、満期日に清算することが決まりになっていますので、未決済のまま、限月をまたいで注文を継続することができません。

例えば、限月の満期日までに決済するのであれば、問題はありませんが、未決済のまま、限月の満期日を迎えた場合は、日経225採用銘柄の寄付きの価格で算出した清算値で強制的に決済され、損益が確定されます。

 

日経225miniの限月は毎月ありますが、その中で取引対象となる限月は5つと決められています。

例えば、現在が平成28年4月1日で考えた場合、取引が可能な限月は、4月、5月、6月、7月、9月の5つです。

限月は1月から12月まで毎月あると説明しましたが、上記の例の場合、取引対象となる限月5つの中に8月がありません。

実は、取引対象の限月5つのうち、2つは日経225の限月(3月、6月、9月、12月)を含めるという、決まりがありますので、9月が入ることにより、8月がなくなるということになります。

わかりやすく説明しますと、次のような感じになります。

  • 平成28年4月限
  • 平成28年5月限
  • 平成28年6月限(日経225の限月)
  • 平成28年7月限
  • 平成28年9月限(日経225の限月)

 

もし限月の選択に迷ったら、 出来高 (取引が成立した数)の多い限月を選ぶことをおすすめします。

出来高は、多ければ多い程、取引が活発に行われている証拠で、自分の希望する価格で売買しやすいということにつながります。

通常、3月、6月、9月、12月で、最終取引日が最も近い限月が出来高が最も多い傾向にあります。

日経225miniは岡三オンライン証券で

日経225miniの手数料が最安値の25円 - アクティブ先物取引

手数料25円で証拠金は通常の半分。管理人も利用しています。

公式サイトはこちら