スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

日経225mini、5ヶ月目。メタトレーダー(MT4)を試してみる。

先月に引き続き、5ヶ月目も、大半はシステムに従いトレードをしました。

本当は完全にシステムに従いトレードをしたかったのですが、私が注文するタイミングを逃したことがキッカケで、MT4でチャートを見ながら取引をした日がありました。

でも、チャートの見方もまだわからない状態での取引ですので、当然、散々な結果になります。

その日、システムの出した利益は32,500円であるのに対し、私がMT4で取引した結果-4,500円の損失となりました。

ただ、その後は、どうにか損失分を取り戻そうとはせず、過去の反省を踏まえて、しっかりシステムに従い続けましたので、その点は成長したかなとは思いました。

さて、この頃になるとシステムの優位性というのはしっかり認識していて、システムに従うほうが、気持ちも楽で、資産も増えるという考えになりつつありました。

ただ、システムがどのように計算して売買の判断をしているかとか、過去何年でどれだけの利益が出ているというのはわかるものの、勝率や、ペイオフレシオ、最大ドローダウンは、どの程度のものなのかがわからないことが、すごく気になりだします。

システムトレードの優位性を確認する指標として、ペイオフレシオや最大ドローダウンというのがあるということを知ったのがこの頃で、システムトレードについて解説しているサイトや本を購入しだしたのもこの頃からです。

そんなこんなで、また次月からいろいろなことをやり始めます。