スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

岡三RSSで自動売買!日経225miniの寄り引けトレード – その1

日経225miniを始めて早5年です。

手法も確立し、気持ち的にも余裕がでてきました。

恐怖とか欲望が完全にないとは言い切れませんが、システムの指示に逆らいたくなる気持ちは、全くなくなりました。

勝ちが続いたり、負けが続いても、最終的には予想の範囲内に収まり、損をすることはないだろうと思っているので、どちらかといえば退屈な状況といったほうがいいかもしれません。

さて、現在の状況はといえば、WEBプログラムで株価を取得し、その株価をGoogleスプレッドシートに計算させています。

売買の判断をするために、データを入力したり、計算をする必要もなくなりました。

スマホが1台あれば、どこにいても売買区分と損切値、取引枚数が確認できて、注文もアプリ(岡三ネットトレーダースマホF)を使えば新規発注+損切が同時に指定できてしまいます。

取引にかける時間は1日1分程度。

これだけ。

ただ、取引にかかる時間が1分程度とはいえ、注文するタイミングが1日2回(7時頃と16時頃)あり、その時間を意識しながら行動する必要はあります。

大変か?と聞かれれば大変ではないのですが、やることは単調です。

指示された内容をやるだけなので誰でもできるし、なによりも退屈です。

こういう誰でもできることは、できる限り自動化したいと思っていました。

そして、自動発注ができる岡三RSSの存在も知っていました。

いつか岡三RSSを使って自動売買ができるようにしたいと考えて、岡三オンライン証券を使っていたので、時が来たという感じでしょうか。

自動売買をどのようにして実現するかは頭でイメージできています。

ただ、岡三RSSを扱うにはエクセルの知識が必要ですが、エクセルは基本のキしか知らない上、マクロ(VBA)に至っては知識ゼロ。

そこはネットで調べてどうにかしなきゃいけないですね。

目指す仕様は
1.寄り引けトレード
2.寄り付き後、損切指定

これから日経225miniの寄り引けトレードの自動化にチャレンジです。

日経225miniは岡三オンライン証券で

日経225miniの手数料が最安値の27円 - アクティブ先物取引

手数料27円で証拠金は通常の半分。管理人も利用しています。

公式サイトはこちら