スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

日経225miniとFX、株の違いを比較

日経225miniとFX、株の違いを比較

日経225miniとFX、株には、取引方法や決済期限の有無、証拠金、レバレッジなど様々な違いがあります。

それぞれが比較できるように大まかな特徴をまとめました。

日経225miniとFXの違い

日経225miniとFX(外国為替証拠金取引)の一番の違いは、投資対象です。

FXは「外国為替」が投資の対象で、日経225miniは「日経平均株価」が投資の対象となっています。

FXがドル/円とかユーロ/ドルといった具合に、いくつもの通貨から選んで売買する取引に対し、日経225miniは日経平均株価のみを売買をするシンプルな取引になります。

日経225miniは公的な取引所での取引になりますが、FXは業者と投資家の当事者同士の取引。

業者と投資家の当事者同士の取引となるFXは、業者が意図的に注文や価格を操作できてしまうと言われていますが、近年ではFXの公正・健全な取引を求める声を受けて、公的な取引所によるFX(くりっく365)が誕生しました。

FX会社によるストップ狩りやレート不正操作の真相とは

FX会社によるストップ狩りやレート不正操作の噂は、絶え間なくありますね。
真相は如何に?

[引用元:http://money-worker.com/fx-fraud/]

くりっく365とは?

くりっく365は、公正・健全なFX取引を求める声を受けて東京金融取引所が上場した日本初、現在唯一の公的な取引所による外国為替証拠金取引(FX)の愛称です。

[引用元:https://www.click365.jp/about_fx/]

あと、FXのレバレッジが最大25倍に対し、日経225miniのレバレッジは20倍程度ですが、返済期限が1セッションの取引にすることで、40倍程度の取引も可能になります。

ちなみに海外FXにはレバレッジの制限はなく、200倍以上のハイレバレッジが可能なFX業者もあります。

日経225miniのリスクを知ろう!

てこを使えば軽い力で重い荷物を動かせるように、レバレッジ(てこの原理)を使えば少額の資金で大きな資本を動かせるということです。少額の資金でも大きな利益を上げるチャンスにもなれば、大きな損失を生む要因にもなります。

[引用元:https://225-futures.com/elementary3.html]

他の違いとしましては、土日を除いた平日の24時間取引が可能なFXに対し、日経225miniの取引時間は取引所が開いている時間に限られます。

  日経225mini FX
必要な資金 50,000円程度~ 50,000円程度~
銘柄 日経平均のみ 米ドル/円、ユーロ/円など、主要通貨ペアなら20種類程度
売買制限 「売り」と「買い」で取引 「売り」と「買い」で取引
取引時間

8:45~15:15
16:30~5:30

平日24時間
手数料 35円~50円程度 手数料無料がほとんどですが、実質手数料となるスプレッドはあります。
レバレッジ 20倍程度 最大25倍

日経225miniと株の違い

日経平均株価のみを売買をするシンプルな取引の日経225miniに対し、数多くの銘柄から投資対象を選ぶことができるのが株式投資になります。

株式投資は数多くの銘柄の中から自分で投資対象を見つける楽しみがあり、約4,000近くある上場企業の中から将来性の高い企業をリサーチし、投資することになります。

通常、株式投資の場合、10万円を投資して10万円を取引しますが、日経225miniは10万円を投資して200万円の取引をすることも可能で、効率よく利益を増やすことができます。

ただし、どんなに損をしても証券会社に預け入れたお金の範囲内で済み、借金を背負うことがない株式投資に対し、日経225miniは、証券会社に預け入れたお金の範囲内以上に借金を背負うリスクがあることに注意が必要です。

追証(追加証拠金)と強制決済

取引で損失が増えた時に、預け入れている証拠金が必要証拠金を下回ると、追加で証拠金(追証)を払う必要がでてきます。

[引用元:https://225-futures.com/preparation8.html]

あと、株式投資では企業に投資することになりますので、その企業に不祥事が発覚し、倒産した場合、投資した株の価値がゼロになる倒産リスクがあります。

倒産リスクって言うけど、実際上場企業ってどのくらい倒産してるの?

倒産の場合は言うまでもなく、100%減資で株の価値はなくなります。倒産の統計について興味深いデータが転がっていますので、読み物としてお楽しみください。

[引用元:http://w73t.com/tousan1/]

その点、日経225miniは、日本経済そのものに投資をしているので、倒産して購入した株券の価値がゼロになるといったようなリスクはありません。

株式投資の場合、株主優待制度のある企業の株主になれば商品やサービスの特典を受けられり、利益の一部が株主に分配されることがありますが、日経225miniには特典や利益の分配はありません。

利益が出た場合、株式投資の場合は、特定口座(源泉あり)を選んでいれば、確定申告をする必要がないのに対し、日経225miniの場合は、原則として確定申告が必要です。

  日経225mini 株式投資
必要な資金 50,000円程度~ 10,000円程度~
銘柄 日経平均のみ すべての上場銘柄
売買制限 「売り」と「買い」で取引 基本的に「買い」での取引
取引時間

8:45~15:15
16:30~5:30

9:00~15:00
手数料 35円~50円程度 ~1,000円程度
レバレッジ 20倍程度 レバレッジなし

日経225miniは岡三オンライン証券で

日経225miniの手数料が最安値の27円 - アクティブ先物取引

手数料27円で証拠金は通常の半分。管理人も利用しています。

公式サイトはこちら