スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

日経225miniのリスクを知ろう!

日経225miniには「レバレッジ」という仕組みがありますので、株式取引と比較した場合、ハイリスク、ハイリターンな商品と言えます。

レバレッジを直訳すると「てこの原理」になりますが、てこを使えば軽い力で重い荷物を動かせるように、レバレッジを使えば少額の資金で大きな資本を動かせるということです。

日経225miniの場合、日経平均株価の100倍のレバレッジで、取引をすることになります。

つまり、日経平均株価が17,000円の時に1枚だけ持っていたとしても、実際には100倍の1,700,000円もの金額を扱っていることになり、株価が17,000円から16,500円へ500円下がるだけで、50,000円の損失が出てしまいます。

もう少し詳しく説明すると、次のような感じです。

日経225miniでの取引は、17,000円-16,500円=-500円でも、実際に動かしている金額は、17,000,000円-16,500,000円=-50,000円となり、50,000円の損失になります。

このように、少額の資金でも大きな利益を上げるチャンスにもなれば、大きな損失を生む要因にもなるのが日経225miniになります。

日経225miniに限らずどの投資にも言えることですが、相場は自分の思惑通りに動くものではありません。必ず損切りのルールを決め、厳守することが、自身の資産を守ることに繋がります。

< 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >