スッキリわかる!日経225miniのトリセツ

証券会社のトレードツール比較

トレードツールで選ぶ

各証券会社は、独自のトレード(取引)ツールを用意していて、初心者の方でも扱いやすいものから、上級者でも使える高機能なものまでいくつもの種類があります。

トレードツールは、取引の注文をするだけの機能のみならず、取引の時に参考にする各種情報や、テクニカルチャートも利用できますが、使用料金が有料なものから無料のものまで様々。有料のツールでも、無料使用条件に該当すれば、無料で利用することが可能で、普通に取引していれば、無料使用条件に該当することも結構あります。

トレードツールは、取引になくてはならないもので、投資ツールの活用次第で取引結果にも大いに影響がでてきます。口座開設自体は無料なので、いくつかの証券口座を開設し、様々なトレードツールを実際に使ってみて、あなたの投資スタイルにあったものを探し出すことをおすすめします。

主要なネット証券会社のトレードツールを調べてみましたので、証券会社選びにご活用ください。

パソコン(Windows)用トレードツール

証券会社トレードツールテクニカル表示利用料金/無料条件
マネックス証券 新マネックストレーダー 36種類 無料
GMOクリック証券 スーパーはっちゅう君 31種類 無料
ライブスター証券 livestarR 30種類 無料
松井証券 ネットストック・ハイスピード 28種類 無料
SBI証券 HYPER SBI 40種類 980円/「先物・オプション取引口座」を開設で無料。
カブドットコム証券 kabu STATION 27種類 945円/お預り資産100万円以上か、約定回数が1回以上で無料。
楽天証券 MARKETSPEED 21種類 3,000円/「先物・オプション取引口座」を開設で無料。
岡三オンライン証券 岡三ネットトレーダー プレミアム 21種類 980円/手数料計算期間の手数料実績が980円以上で無料。

スマートフォン(iOS/Android)用トレードツール

証券会社トレードツールテクニカル表示対応OS/利用料金
岡三オンライン証券 岡三ネットトレーダースマホF 18種類 iOS、Android/無料
楽天証券 iSPEED 14種類 iOS、Android/無料
松井証券 株touch 11種類 iOS、Android/無料
ライブスター証券 livestarS 8種類 iOS、Android/無料
SBI証券 HYPER 先物・オプションアプリ 8種類 iOS、Android/無料
マネックス証券 マネックストレーダー スマートフォン 7種類 iOS、Android/無料